Moody Crossing

気分屋交差点

おひとりさま好きの処世術の実際

はじめに

ごきげんよう。さっこ(id:moody-theory-sakko)です。
おひとりさまで入店したコメダで、2杯目、小豆小町の「桜」に入りました。

それで。

例えば、今、わたしは、2月に送っておくべき、結構仲良しの友達の子供の出産祝いを、まだ送っていません。

4月17日に、去年11月にたいそうお世話になったおじさんから届いたお知らせメールにも、返信をしていません。
どんくらいお世話になったかというと、祖父母の故郷の広島県に行ってきたですけど、地の利のない一人旅の最中、軽トラで、道なき道をあちこち案内してくださり、海やら山やら畑やら、良い風景写真をたくさん撮って、祖母に見せてあげられたですよ。感謝してる。だけど、返信してない。

去年の9月に恩師から届いた、お誕生日おめでとうの手紙も、まだ返事を書いていません。

まだある。思い当たる節が。

だけど、こうして、今日も一人で、コメダ珈琲店に陣取り、独り言をぶつぶつとネットに公開しています。
しかも、結構、打つの速いみたくて、気づいたら、長いし。
速いです。だから、メールの返信なんか、お手の物なはず。
昨日も、忘れないうちに、りんごのラングドシャをもらったお礼を、またすぐに会うけど休日だった同僚には、出した。
なんだかなぁ! 普段、会わない人を、ないがしろにしてて、いやな人だな、わたしは、て思ったよ。

でも、旅行も一人で行くし、昼休みもお弁当食べ終わったら、一人で外に出ているし、さっきも一人で寿司食べてたし、カラオケだって一人が断然好き♡

そのようなわたしの、処世術みたいなものについて、にょろにょろ食べる、じゃなかった、書いてみます。

各種おひとり様行動の実際。友達いないだけかもだけど。

国内旅行の場合。

目的のない旅でも、綿密な計画を立てる。
行く場所をピックアップして、貧乏旅行にならない余裕を持たせた日程を、時刻や手段を明らかにしながら組み、2週間くらい前から、コメダでにやにやする。
お土産も何をどこで買うか、誰にあげるかを、決めてしまう。
宿は、だいたい立地というかアクセスの良い、気軽なホテルのツインの部屋をシングルユースするけど、ドミトリーみたく他の人と一緒になるのも厭わない。
切符と宿を一緒に旅行会社で手配することもある。
人から旅行に誘われても、お金ない、って断る。実際に、ポロポロ、一人の時にお金を使ってしまうから、持ってないけど。
そしたら、誰も誘ってくれなくなっちゃったし、同世代の人たちは、ちょうど、みんな、家庭を持ったりして、そっちが優先になってる。

海外には一人で行ってない。迷子になると思います。
でも、韓国くらいから、徐々に距離を伸ばして行くかなぁ?

昼休みに休憩室から脱獄する件。

お弁当を食べ終わったら、さっさと外の灰皿がある場所に移動して、一服しながら、音楽を聴いたり、ぼんやりしたりしてる。

職場の人は、みんな気の良い人たちだよ。

だけど、わたしは、1対1ならともかく、1対2以上になると、話を一方的に聞く側にまわってしまう。なぜかは分からない。

聞く側にまわるということは、その間、一応、生返事が出来なくなるということで、他のことを考えることが出来なくなる。
だから、全くもって、休憩にならない。

なので、休憩じゃなく勤務時間内の私語や、お開きの時刻が決まっているエンドレス感のない飲み会で、2時間くらいまでなら、聞いてるのは、別に苦ではないけど、それ以外は、遠慮したい。

これには、わたしが、自分からは、自分の情報や好きなことを開示しないというところも、問題の原因の一つだと思う。
わたしが興味のあることを、他の人と話すであれば、たぶんいける。

でも、聞く側になると、そういう時、率先しておしゃべりな人って、誰がどうした、とかの話が好きみたくて、わたしは、そういうの、全然興味がないから、昼休みのトークは避けたい。

明日も、灰皿隣だと思う。

ひとり寿司などの場合。

お店、気を遣わなくて良いチェーン店ばかりに偏りがあるなぁ! て、今、気がついた。
今度、大将のいるカウンターに行ってみよう。
だけど、お店の人とコミュニケーションを取らないといけないか。うーむ。

さっき行った沼津魚がし寿司も、今居るコメダも、チェーン店なんだけど、おしゃれカフェだと、お店の回転率のために、一定の時間が経過すると、めっちゃ、お冷を注ぎにくるから、ゆったり出来ない。

と言いながら、さっきも、もはや何年越しで顔馴染みの店員さんに、「小豆小町の氷、砕いてあったら、底に沈殿する小豆を食べやすいかも☆」と、意見・要望を述べてたりする。

あと、たぶん、ラーメンとかも、一人で余裕だけど、猫舌だもんで、行かないよ。餃子の王将なら行くけど。これもチェーンだなぁ!

あ! だけど、今度、コミケデビューは、勝手が分からなさ過ぎるから、人についていくけど。
ミネラルショーデビューとかなら、一人で行ってた。全然、違う種類の見本市状のもの?

一人カラオケの場合。

そもそも、一人カラオケデビューは、学生の頃、ギタレレを弾くのに、音の出せる環境がなかったからだった気がする。
ギタレレは、結局、弾けないよ。

それまでは、歌も知らないし、下手くそだし、カラオケなんか大嫌いだった。

だけど、社会人になり、「宴会」という洗礼を受けた。
下手くそでも、人前で歌わなきゃいけない。

というわけで、最初は、目的は、影練だったかも。
いかに、人前でTPOにあった曲を選び、盛り上げるか。
案外、気をつかうというか、努力家だったんだ。
他の人が歌った曲から、数珠つなぎで、レパートリーを増やしたかも。

だけど、だんだん、声が出るようになり、DAM精密採点は、ピークの時は、平均90点を超えていた。
わたしは、曲と曲の合間の休憩は、採点の時間で取るんです。

それで、部署別対抗カラオケ大会では、アン・ルイスで優勝商品、空気清浄機をもらったし、おじさんとデュエットだってしちゃうし、振り付きで歌ってしまうように、適応してた。

やがて、前の仕事の責任が重く、内容がきつくなって、ストレス発散のために歌いに行くようになっていた。
仕事で疲れた後に、さらに疲れに行ってたよ。
もはや、歌うことは、ストレスではなくなっていたんだ。

昔は、分厚い曲のリストの本が、カラオケボックスの部屋にあったから、五十音で、「あ」のつくアーティストから「わ」のつくアーティストまで、1曲ずつ入れていったり、はたまた、B'zや林檎祭りを一人でしたり、バラード祭りをしてテンションを下げて、落ちつけ入眠モードにしたりしていた。
ほかも、いろいろあるかもだけど(メドレー状のもの)。

当時、京都の四条河原町のジャンボカラオケで、わたしがオーダーする前に、店員さんが、「アイスコーヒーですね?」とか先んじて言うくらい常連だったけど、時々、烏龍茶が良かった日もあったから、「いえ!烏龍茶で!」とか言いながら、部屋に消えて行ってました。

今は、カラオケ行ってない。ぜーんぜん。
と言いつつ、直近では、1月に行った。一人で☆

未婚の件。

彼氏は居たことはあるけど、そこまで続ける気がないと思う。どれも短い!
恋に恋したり、片思いしてる時間の方が長いという、だめ子ちゃんだ。

最近は、仕事中ナンパされて、ごはんに行ったら、もういい大人だからか、いきなり家に誘われたり、人に紹介されたら、いきなり、自分の収入と資産について説明されたりするけど、わたしが、持病(統合失調症)の話をすると、さー、って、引いていく。

たぶん、見た目は、やばくない。まだ、いける。言わなければ、病気とも分からない。
だけど、この歳(37)になると、ただ遊びたいか、形だけ結婚したくて焦ってる人とかしか、余っていないのかも。
面白い男友達も、大方、家庭があるから、遊びにいこ、とすら言えないくらい。
もはや、ただの知り合いかもだなぁ!

でも、わたしは、遊びたいに付き合うほど、暇じゃないし、もしも遊びの割り切りが出来なくなって傷つくのは嫌なので、断る。
新規の人(出会い)は、まぁ、だいたい、だめ。

だいたい最近は、全部、断ってる。びしっ!

でもさ、女子は、相手にしてくれないというか、してくれるけど、程々だからね。
いろいろ退屈だよ。

活路は、マクロンみたく、年下にあることは、分かっているけど、持病もあるし、相手の人生狂わせちゃうと悪いから、もう、自分からは、いかないよ。

おわりに

以上、思っていることの垂れ流しでしたが、やっぱり、結局、ひとりが好きかも。
わたしは、たぶん、人に合わせることが出来ないわけではなく、そこそこ、サービス精神もあるかもだけど、みんな、勝手だよね。
類は友を呼ぶのかなぁ? これ、わたしのせいか。
勝手じゃない人(昔仲良かった人とか)は、遠くに居るし、なんだか今は忙しいから、声をかけるの、ためらっちゃう。たまになら、いいけどさぁ。

それでね、もう、隠遁するか、ボノボに生まれてくれば良かった、って思ってるですよ。
ボノボ、猿の仲間だけど、セックスでなんでも解決しちゃうの。性別とか関係なく。たしか。
でもさ、わたしは、人間だなぁ、て。
やだよ。ボノボみたく、やりたくない。


おしまい。
ばいならヾ(・ω・o)