Moody Crossing

気分屋交差点

統合失調症の陰性症状について、存在を知ったり理解したりしてほしいなぁ、という希望

はじめに

ごきげんよう。さっこ(id:moody-theory-sakko)です。
今は、図書館と本屋からのコメダでだらだらタイム☆
昨日と明日は働きますが、今日も休日です。
月15日しか働いてない。
コメダに出てきたら、貧乏なのに、520円払うけど、元は取れてる気がするですよ。家にいると、だらだら食べて寝るだけになっちゃう。

そんなことはさておき、わたしの持病、統合失調症について、由無し事を書きます。

このタイミングで書き始めたのは、もうすぐ、相模原の障害者施設における殺傷事件から1年経つことを、普段はたまにしか読まない新聞で目にしたからで、当時、犯人が、入院歴があり、精神的に病気かもしれないとか、そういうふりをしてるかもしれない、という言説が出た時に、げー、と、いやな気持ちがしたことを思い出したためです。

わたしは、いかんせん、自分のことが可愛いのもあるだろうけれど、「一緒にするな! 迷惑!」と思って、犯人の男がやったこと自体も相当憎んだけど、それ以外のことでも腹が立ちました。

なんていうか、病気で、精神的に正常な判断や行動が出来なくなったとしたって、人格的、思想的な何かは、症状に影響されたとしても、そこまでではないと思うのです。
その人に流れるベースのような何かがあると思う。
わたしは、運が良くて、崩壊レベルまで行かなかっただけかもしれないし、だから、言う権利ないかもだけど。

でも、つまり、例えば、自傷他害の意思や可能性を持つことって、はたして、精神の病気のせいだろうか? 区別して考えたほうが良くないか? とも思うのです。
相手も自分も含めて、人のこと、その存在を、否定するではなくて、尊重するような優しい気持ちがあるならば、そんなことを思いようがない気がするのは、わたしだけでしょうか?

病気のため、ある考えに取り憑かれることはあるかもしれないと思うし、わたしだって、恥ずかしさとかで、この世から消えてなくなりたいとか、あいつ、居なくなればいいとか、思うことはあります。
だから、自傷他害については、思いようがない、ではなくて、思い浮かべても実行はしない、というくらいの言い方が正しいかも。

病気かの目安は、社会的に受け入れられないような考えや行動が、治療とかで、平常運転になるかかもしれない、とも思うけど、表現も内容も、適切かは、全く分からない。

だけど、異常とか狂気とされる行動で事件を起こす人が出るたびに、精神鑑定の話になり過ぎるし、わたしの持病、統合失調症の、特に、陽性症状の「妄想」は、引き合いに出されてる気がしてならないのです。

怖いこと、説明がつかないことが起きた時、命名したりカテゴライズしたりして、言葉とか使って、すとんと納得するために、必要な思考の過程に登場せざるを得ないかもしれないけれど、だいたい、考えても分からなかったり理解出来ないし、次々、新しい事件が起きるから、みんな途中で言及や考えることを辞めるでしょ?
わたしもだけど。。。すみません。

でも、その、言及途中の、精神の病の描写みたいなものは、はたして適切なのか? と思うのです。
素人だから、比較対象がなく、事情とかも、わからないなりに。



統合失調症なら、陽性症状よりも、陰性症状についての言及も為された方がいい気がする。

それで、世間での、統合失調症についての言及のバランス的に、偏りがある気がします。たぶん。

おそらく、陽性症状の妄想状のものにおかされている人の方が、陰性症状で歯を磨く気力もない人よりも、派手だし、他人に影響を与えることは、間違いない。

だけど、統合失調症になった、少なくとも、わたし自身の所感では、周囲や他人ではなく、本人にとって、より深刻なのは、陰性症状とか、認知機能障害とか、そっちです。

たまたま陽性症状が綺麗になくなったから言えることかもしれない。
治療の効果が出ず、まだ、陽性症状のさなかなら、言えないことかもしれない。

けれど、わたしは、陰性症状で、3年以上、寝たきりになった時に、
「こんなことなら、いっそ、あのまま狂ってしまえば良かった」
と、思いました。何度も。
「精神的に狂ってた<精神的に無気力」だったのです。

気力ない、感情もない、考えられない、何もかも億劫とか、普通の元気な人にもあるかもしれない、想像できて分かるかもしれない症状だけれど、ちょっとだいぶ、度を超えているですよ。

身体自体も動かないから、実際に社会からも切り離されてしまうけれど、世界から、感覚的に自分が切り離されてしまって、ただ、長い時間を無為に過ごす。

無為に過ごすのは、気持ちや感情、気力、思考があれば、喜ばしい時間になり得るかもしれないけれど(今の元気になったわたしとか、無為はパラダイスかも)、普通の、お風呂入るとかの日常生活の行動にも努力やアドバイス、介助が必要になるくらいの無気力だから、いかんともしがたいのです。

統合失調症陰性症状で悩む人、割合として、たぶんきっと、だいぶ多いと思うのです。症状が派手な人よりかも。
実際、主な治療方法である薬が、効きにくいというか、効いてるかわからなくて、待つしかないところがあったし。

わたしが、ここで遠吠えしていても、いろんな人には届かないかもしれませんが、そんな感じのことを、発言力のある人が興味を持って、調べたりして、発信してくれるといいなあ。
て、他人任せみたくて悪いけど、思うのです。
とりあえず、わたし、発信してみたよ。ほそぼそと。誰か、気づいて!

おわりに

何が言いたいかよくわからなくなっちゃったけど、つまり、わたしは結局、自分の属性の一つとして統合失調症というのがあるために、その正しい像、というと語弊があるかもしれないけれど、そういうのを、自分も知りたいし、みんなに知ってほしいのです。

怖いと思われたくない、という、保身は否めないけれどさ。
だって、やだよー! なんで? て、悲しくなるもん。

だけど、怒りや悲しみが、戻ってきてくれた、湧いてくれた、というだけで、万々歳だったりもするですけどね♪
世界が程よくいきいきと感じられることは、ほんとにほんとうに、有り難いことだよ。
みんな、心して享受した方がいいよ! いや、ほんとにすごいことだよ!



ついでに持病の記事へのリンクを貼っておきます。

わたしの回復までの経過。服薬治療についての記事。

moody-theory-sakko.hatenablog.com


わたしの病気観についての記事。

moody-theory-sakko.hatenablog.com



障害認定、および、オープン・クローズについてなどの記事。

moody-theory-sakko.hatenablog.com


ほかもあるようだけど、省略します。

おしまい。
ばいなら(。・∀・)ノ゙